ブランド買取おすすめ.com|体験談から判明!高額査定業者TOP5

ブランド品買取でトラブルになるケースとは

       

自分のブランド品を売る際に、購入元が中古ブランド店などの場合、稀に意図せずコピー品がまぎれていることがあり、それを知らないで買取りにだした場合、業者とトラブルになる可能性があるので、自分の売る品にも十分注意しないといけないという内容を体験談として記載。

ブランド品買取における注意点についての体験談

体験者Tさん<私は若いころからブランド品が大好きで、バイト代を貯めたりボーナスが出たりしたらブランドバッグなどにつぎ込んでいました。ブランド品が大好きだとはいっても、いくつも持っていても仕方がないので、若いころのものは売って新しいもの・今の自分に合うものを買う資金にしようかなと思って買取業者に査定してもらったのですが、昔買ったもののうちいくつかがコピー品ではないかと言われました。確かに、若い頃には中古品のブランドバッグなども買っていたので、本物かどうか証明できず、買取してもらうのを諦めました。今後はちゃんとギャランティーカードのようなものが残っているものを買取に出したいと思います。

体験者Wさん<ブランドの時計を買取業者に売ろうとした時、「これとよく似たコピー品が出回っている、本物だと証明できるようなものはないか」と査定員の人に言われました。買った時の箱や保証書、修理したときの書類を全部残していたので、本物として買取してもらえましたが、捨てていたらお金にならなかったかもと思うとぞっとします。